3dプリントのサービスを金属で行う時の注意点

3dプリンターによるプリントは、現在では樹脂だけではなく金属にも対応することが出来るようになってきています。樹脂の装置に比べてかなり高価な機材を必要とするものである場合が少なくありませんので、個人は勿論ですが一般企業でも気軽に導入することが出来るものであるとは言い難い部分があります。そのため実際にメタル素材での加工を考えている場合には専門の業者のサービスを利用する形で行うという場合が少なくありません。最近ではシンプルな機能を持っているモデルであれば比較的リーズナブルな価格で購入することもできるようになってきていますが、まだまだ敷居の高いものであると言えます。また、この様な方法を採用するに当たってはいくつかの注意事項がありますので頭に入れておく必要があります。

3dプリンターでは設計通りに作られます

このプリント技術の優れているところはデータで作成された設計の通りに立体の造形を可能としている点にあります。樹脂の場合と同じように粉末の金属を使用して溶かして固めるという方法で作り上げていくという仕組みになっています。当たり前の話ではありますが、この方法では思っていた通りのものが出来るのではなく設計データの通りに作成されるという仕組みになっています。そのため外部のサービスに委託する場合であってもしっかりとした設計の見直しが必要になると言えるでしょう。慣れるまではなかなか思い通りのものが作れないという場合も少なくないと言えます。設計図上のイメージと実際に作り上げ他製品にはある程度のイメージの差が生まれることも少なくありませんので、ある程度の試行錯誤は必要であると言えるでしょう。

強度についてはしっかりと考えておくことが推奨されます

樹脂の場合と異なり、金属を使用する3dプリンターの場合には非常に丈夫なものを作ることが出来るという特徴があります。しかしながらメタル素材でもある程度の厚みが無ければ強度の面で問題が発生する場合もあるのです。その様なものであるということは最低限理解しておく必要があるでしょう。3dプリンターは様々な形を実現することができる為、そのプリント技術を応用することで複雑な構造を作り上げることも不可能ではないのです。しかしながらその強度については構造に準じたものになるという原則については理解しておかなければなりません。これは専門のサービス業者を利用しても同じことです。この技術では設計の通りに作ることが出来るというメリットはありますが、現実的な強度を生み出すことしかできませんので注意が必要です。