マンション 管理 サービス

専門サービスでマンションの管理を円滑に進めることができます

マンションにおける管理のサービスについて説明します。マンションは一戸建てと違い、個人の意思で何でも決定できるものではありません。マンションに住む際にマンション管理組合の組合員になります。区分所有法で規定されていますので全ての方が加入します。マンションは専有部分と共有部分に分けることができ、共有部分は住民みんなのものですから、だれもが自由に利用できます。マンションの資産価値を考えれば、修繕等をしっかりと行い、常に綺麗に保たれていれば、資産価値が維持できます。定期的な修繕と、長期的な修繕計画、不定期な改修工事を、修繕費を使用し行い、資産価値を低下させないことが必要です。マンションライフを考える上でもマンション管理が重要で日々の生活の質の維持、資産価値の維持において必要な事です。

マンションの管理の仕方とサービス

マンションの管理のサービスについて説明します。マンションの管理の仕方として、自主管理と管理会社に管理を任せる、管理委託の2つにわけることができます。現在ではほぼ管理委託となっています。マンションの管理運営には法律の知識等の専門的な知識が必要になる為、管理会社への委託の割合が増えていきました。管理委託の場合、会計業務、出納業務、管理運営業務、長期修繕計画書作成、管理員業務、清掃業務等を管理会社が行ってくれます。事業計画の決定や予算の執行等は管理組合が主体となり決定していく必要があります。理事会・総会へ住民が参加し、マンション管理会社と住民とで管理運営を行っていきます。プロの管理会社に任せることで住民は安心でき、マンションの管理の在り方等を決めるだけで良く、自主管理と比べ、住民の負担は減ります。

マンションの管理の考え方とコツ

マンションの管理のサービスの選び方を紹介します。マンション管理を管理会社に委託する際にいくつかポイントがあります。財産管理方式を確認しましょう。管理方式が明確になっているかが重要です。おすすめは、収納代行方式をとっているところです。また、印鑑は管理組合での保管で預金通帳が管理会社で預かってくれるといった別々に管理してくれることも重要です。経費削減の提案をしてくれるかも大事なポイントです。管理組合の決定の元、工事を行っていく中で、委託費の比較見積もりを元にコスト削減がしっかり実行されていくのが理想的です。賃貸マンションの大家さんは住民の意思では変更するとこはできませんが、マンション管理会社は住民の意思で選ぶ事が出来るのでしっかりと管理会社を見極めていきましょう。