マンション 管理 サービス

マンション管理の専門サービスを利用するメリット

マンションの管理は、一般的には、それぞれの所有者が管理組合を結成して、その管理組合が、管理の専門会社に委託するのが一般的です。一般的なパターンとしては、マンションの販売会社が自身のグループ会社にマンションの管理会社を持っていて、マンションを分譲後に購入者に管理組合を結成するように促して、そこでマンションの管理契約を結ぶという方法です。所有者で作る管理組合自身がマンションの管理を行うことも可能ですが、労力や時間がかかることと、マンションの管理に詳しくないため、ほとんどの場合は管理の専門会社に委託してサービスを受けるようになっています。もちろん、販売会社が指定する管理会社にしなければならない決まりは有りませんし、マンション販売の会社とはまったくつながりの無い管理会社も多くありますので、マンションの管理会社を選ぶ場合、そのサービス内容などを比較して検討することも大切です。

見積りだけではなく、管理品質も比較しよう

マンションの管理を行う会社は、さまざまなサービスを用意しています。管理のサービス会社と聞くと、共有部分の清掃や、給水設備の点検などを思い浮かべる人が多いようですが、実はかなりの広範囲の仕事をしています。設備の点検整備などはもちろん、管理組合や理事会の運営のサポートや、管理費や修繕積立金の管理を請け負うとともに、滞納者対策なども専門家がバックアップしてくれます。しかも、トラブル発生した場合は、二十四時間受け付けの対応をしてくれる会社も多くなっています。最近の新しいサービスとしては、スマートフォンのアプリを使って、双方向で連絡の取れるシステム対応をしている管理会社も有ります。新しく管理会社を検討する場合は、見積りを取得することはもちろんですが、さらにその会社が提示する管理品質を確認した上で選定することが重要です。

マンション管理の会社には、多くのノウハウが有ります

マンションとひとくくりに言っても、その中身は多岐に渡っています。住人が高齢化しているところも有りますし、購入者が居住せずに賃貸にしている部屋が多いマンションも有ります。その内容によって、求めるサポートが異なってきますので、マンションの管理についてのサービスを受けようとする場合は、現状の問題点や特に対応して欲しいサービスをまとめておくと良いでしょう。管理組合を作っても、なかなか参加してもらえないというケースも多いのですが、マンションの管理をする会社のサービスには、住民同士のコミュニティを作るためのサポートなども有ります。理事になった人たちが、管理組合を適切に運営するためにも、管理会社のサービスを上手に使うことが重要です。マンションを管理する会社は、マンション建設も含めて多くのノウハウを持っているので、遠慮せずに相談することが問題解決の近道です。