マンション 管理 サービス

マンション管理サービスの徹底解説

安全で快適に過ごすための建物や設備を良好な状態に保ち、マンションの資産価値を維持するためにマンションのサービス管理が欠かせません。マンションは日常的に、また、定期的な清掃、設備の点検、修繕が行われます。もう一つにマンションの運転資金の管理があります。これはつまり修繕積立金です。建物は年月とともに劣化します。その為修繕積立金を積み立て、必要な時期に必要に応じて修繕工事を行います。修繕積立金が蓄えられているマンションは当然資産価値が高く売れやすくなります。誰しも自分が購入したマンションは高い資産価値を維持してほしい物です。それを実現するのがマンション管理です。マンションは管理を買え。と言われるのは建物の管理が行き届いてしっかりとした管理組合運営によりマンションの資金である管理費、修繕積立金が適切に運営されているマンションを買えということになるでしょう。

マンション管理人にもいろいろ種類がある

マンション管理のサービスは幅広く大きく分けて「管理業務主任者」、「マンション管理士」や「管理員」など3つの職種があります。「管理業務主任者」はフロントや管理会社の担当者と呼ばれ、管理員を束ねています。仕事に就くには国家資格が必要です。「マンション管理士」はマンションの維持管理にかかわるコンサルティング業で、法律などに関する専門知識が必要な資格も必須です。「マンション管理人」は一般的に管理人と呼ばれているものです。マンション管理人の仕事はおおよそ5つに分けられます。共用スペースや駐車場、駐輪場、などの受付管理、宅配便や外来者の窓口をする「受付業務」廊下やエントランスの電灯などの管理、住民が安心して暮らせるように「点検・巡回業務」設備の点検や、ごみの収集時の立会い入居者退去者などの現場を「立ち合い業務」点検結果、管理組合からのお知らせなど「報告連絡業務」エントランス廊下階段など「清掃」です。

マンション管理人の勤務体系は?

共用部分の清掃や来客の窓口になったり時には補修作業も行う管理人ですが、業務が早朝や深夜に業務が発生するなどあり勤務体制も様々あります。マンション管理は管理会社に委託されている場合がほとんどでその管理会社に雇用されています。毎日担当のマンションに通勤し、9時から18時までの時間内でマンションの管理業務にかかわるのが通いの常駐勤務です。それに対し住み込み勤務は住み込みで管理します。マンションの中に管理人用の居室がある為その部屋をかりて住みながら管理します。規模の小さなマンションなどでは管理人を常駐させるとコスト高くなるため週に2、3回ほど定期的に巡回する管理の形をとっている所もあります。住民が快適に暮らすための管理仕事は落ち着きのあるミドルシニアのサービス対応は住まう人に安心感を与える為中高年が適しているともいえるでしょう。

当社は、顧客満足度の高いサービスの提供に努め、管理受託組合数は約1000組合を数えます(首都・中京・近畿圏)。 細かい標準のもとマンション管理業界は変化を続けており、当社はその標準の実行のため、コンプライアンス委員会の中で業務監査を実施しています。 これまで800以上のマンションをコンサルティング、管理サービスを提供してまいりました。 マンション管理のサービスなら株式会社ライフポート西洋まで