3dのプリントサービスは金属でも可能なのか

3dプリンターによるプリント技術は非常に高度に発達をし続けており、従来は樹脂での加工を前提としていたものであっても金属粉末を使用した加工が技術的に可能になってきました。この様なサービスの需要は徐々に増加傾向にあり、多くのニーズに合わせて利用されるようになってきました。この技術の優れているところは物理的に不可能な形状でなければ実現することが出来るという魅力です。従来のような型を使用する製造方法では対応が難しい細かな造形も可能にしてくれるという特徴がありますので、技術的にもこれまでには実現が難しかった様々な造形物を作り上げることが可能になってきているのです。この様な特徴を持っている技術を借りて、より短期間で低コストの試作品作りが可能になっています。

金属を利用する3dプリンターについて

様々な造形物のデータがあれば、それを印刷するという形で立体物を作り上げることが出来るという技術が確立されてきています。最も普及しているのは樹脂での可能であり、設計のためのデザインデータと同じようなものを作り上げることが技術的に可能な時代になってきました。これまでは樹脂での加工が中心であり、製品として利用するよりは試作品としても扱いになることが多かったのですが、メタル素材のプリントサービスが始まったということもあって、これまでにはない様々な部品等のデザインを行うことが出来るようになりました。メタル素材を取り扱うプリンターはまだまだ発展途上の技術ですので、これからも活発に進化していくということが期待されている分野です。メタル素材の加工は非常に将来性のある技術の一つです。

金属を加工するプリントサービスの特徴

3dプリンターを使ってメタル素材の加工を行うということが出来るようになりましたが、このことによりこの技術は単なる試作品作りだけではなく、様々な可能性を持つようになってきました。この様なプリンターで活用されるのは粉末状の金属であり、それらを熱で加工することにより独自性の高いデザインの造形を可能にするのです。3dプリントは設計さえしっかりとしていれば、その通りにものを作り出すことが出来ます。この様な技術はコストダウンの側面でも非常に注目を集めており、多くの企業が採用数方法になってきています。現在はまだ、この種類の技術について対応しきれていないという企業も少なくありません。そのため経験豊富な第三者企業に委託するという形でも恩恵にあずかることが出来るようになります。

金属3Dプリントをはじめ、光造形・粉末造形に関してもご相談下さい。 25年以上かけて培ってきたノウハウで皆様の事業をサポートいたします。 日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラー。 2015年全世界のトップに選出されました。 試験モデルの実績も紹介していますのでぜひご覧ください。 駐車スペースもございます。 NHK総合テレビ「超絶 凄ワザ! 金属3dプリントに関するサービスをチェック